« 12.くっぱさんの主張その5-やっていいことと悪いことの区別がつきません- | トップページ | 10.くっぱさんの主張その3-「リンクされたくない」「リンクしたい」は同格- »

11.くっぱさんの主張その4-形として「論う」や「命じる」という表現になっているが…-

・他人がなんらかの行為した時に、それが正当な行為であるのにもかかわらず不当な行為であると論うのは不当
・他人に、しなくても何の問題もないこと(すべき理由のないこと)を、自分の都合だけで命じる(お願いでなく)のは不当

以上の主張に対し、くっぱさんは「形として『論う』や『命じる』という表現になっていても『そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましい『という主張である可能性が否定できないのなら、不当ではない」と主張した。そこで私は『形として「論う」や「命じる」という表現になっているが「そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましい」と主張する文章』の例をひとつ挙げて下さいとお願いした。『論ったり命じたりしつつ「そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましい」と主張する文章』とか『論ったり命じたりしないで「そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましい」と主張する文章』ではなく。それに対するくっぱさんの回答が以下である。

くっぱさんの回答
(本人としてはあまりに当然のことと思い込んでいて「そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましいのだから、」ということを口に出すのを省いて)リンクをやめろと命じた(というか要求した)場合には、「そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましい」ということを主張しようとしている可能性は排除されていないように思います。

それは、そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましいという主張の下、相手にリンクを外せと命じている文章だ。つまり、論ったり命じたりしつつ「そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましい」と主張する文章である。そして、そのような命令に従わなくてはならない理由は相手にはないから、ただの我侭になっている。そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましいという主張の下、相手にリンクを外すよう提案している文章なら「リンクを外してはどうでしょうか」となるし、そのリンクが存在しないほうがネットワークトポロジーとして望ましいという主張の下、相手にリンクを外すようお願いしている文章なら「どうかリンクを外して下さいませんか」となる。そして、それらの文章なら何ら問題はない。

|

« 12.くっぱさんの主張その5-やっていいことと悪いことの区別がつきません- | トップページ | 10.くっぱさんの主張その3-「リンクされたくない」「リンクしたい」は同格- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016647/11933107

この記事へのトラックバック一覧です: 11.くっぱさんの主張その4-形として「論う」や「命じる」という表現になっているが…-:

« 12.くっぱさんの主張その5-やっていいことと悪いことの区別がつきません- | トップページ | 10.くっぱさんの主張その3-「リンクされたくない」「リンクしたい」は同格- »